行政書士試験の詳細

試験概要

  (1)  受験資格
     年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。
  (2)  試験日及び時間
     年1回 毎年11月の第2日曜日 午後1時から午後4時まで
試験室への入室は、正午から午後0時30分まで。
 

試験の科目及び方法

 
 試験の科目
 
試 験 科 目
内   容   等
行政書士の業務に関し必要な
法令等(出題数46題)
 憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、本年度4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
行政書士の業務に関連する
一般知識等(出題数14題)
 政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解
 
試験の方法
 
 試験は、筆記試験によって行います。
 出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、
「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
※ 記述式は、40字程度で記述するものを出題します。
  (1) 試験場所
 
 試験場所は、別表第一 試験地及び試験場 に掲載されています。
 
 受験を希望する試験地及び試験場を別表第一から選択してください。原則として受験願書の先着順に受け付けます。
 
 試験場の決定は、受験票に明記されます。
 
 受験票に記載された試験場以外の試験場では受験できません。
 
 受験願書提出後は、受験申込者側の事由による試験場の変更はできません。
 

受験申込み手続き

  (1) 郵送による受験申込み
 
 受付期間 毎年8月初旬から9月初旬頃
 
 受付場所 (財)行政書士試験研究センター
 
 受験手数料 7,000円
 
 試験案内及び受験願書の配布方法、配布期間及び配布場所
 

試験結果の発表と通知

  (1)  試験を実施する日の属する年度の1月第5週に属する日。合格者の受験番号を行政書士試験研究センター事務所の掲示板に掲示されます。掲示後、受験者には全員に合否通知書を郵送されます。
 合格者には、2月下旬までに合格証が送られます。
 

合格基準及び正解等の公表

  (1) 合格基準
    次の要件のいずれも満たした者を合格とします。
 
 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者。
 
 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者。
 
 試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者。
(注)合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることもあります。
   
   財団法人行政書士試験研究センター
   所在地  〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館1階
   電話番号 (試験専用)03-5251-5600



サイト内検索

-PR-
レスベラトロールって何? クチコミで話題のNHK長寿遺伝子の、レスベラトロールについて解説。公式サイトはこちら
まわしてチャージ充電丸 大人気の自家発電機の、まわしてチャージ充電丸について解説。公式サイトはこちら
エケコ人形|世界仰天ニュースはコチラ 幸せを叶えてくれるというエケコ人形が大人気。
酵素飲料|酵素ドリンクはコチラ 断食に使える酵素飲料が大人気。健康にダイエットをしよう!
(24時間)24hファンデーション
ずっとつけてても大丈夫。肌にやさしいファンデーションが登場。
寝Goo Set 寝癖でセットができる寝グーセット

 激安口コミ通販 美顔ローラー ランキング ゲルマローラーの効果とクチコミ 口コミ激安通販 口臭バラ消臭サプリ


宅建通信教育/講座 宅建試験の通信講座を比較!|FP通信教育/講座 ファイナンシャルプランナー通信講座の口コミ|社会保険労務士通信教育/講座 社労士通信講座を徹底比較!|行政書士 行政書士資格試験対策|行政書士試験Q&A